« 2017年5月 | トップページ

2017年6月

商船三井フェリー新造船「さんふらわあふらの」(パブリックスペース編)その2

さんふらわあふらのの紹介、最終回です。

外部甲板から。
だだっ広いです。が、椅子やテーブルは一つもなく、座って過ごせないのが残念なところ。
車やバイクだと、折りたたみ式の椅子を持ち込むといいかもしれません。

01_2

新日本海フェリーのように屋根が付いていないので、雨が降ると利用できません。
これだけ広いのだから、一部分だけでも屋根を付けて、椅子やテーブルを置いて過ごせるようにしたほうがよかったのでは。

02_2

旧さんふらわあふらのでは、外部甲板の出入口に灰皿が置かれていて、出入りするのにタバコの煙を浴びる困った仕様となっていたのが、(ドライバー室が船首に配置されたことによるのか)改善されています。

喫煙室。
船内にいくつかある喫煙室以外のパブリックスペースや客室はすべて禁煙です。

03_2

外部甲板の出入口から船の中央に向かう通路。
左側にマッサージ機が3台並んでいて、個々に軽く仕切りられ、通行人があまり気にならないような造りになっています。

04_2

奥に進むと、背もたれのない簡易椅子に囲まれたステージ風のスペースがあります。
イベント等はここで行われるのかもしれません。

05_2

通路を挟んだ反対側にあるキッズコーナー。
旧さんふらわあふらのほどではありませんが、他社含む他フェリーと比べると広くとられています。

06_2

2階層吹き抜けになっている展望ラウンジの下層階部分。
通路幅がかなり広いです。

07_2

上層階から見た吹き抜け部分。
窓の数が多く、個々の窓も大きいため、外光が多く入るようになっています。

08_2

上層階にも通路脇に椅子やテーブルが置かれています。
明るく、そして広いため、開放感があります。
他の船にはない、この船のアピールポイントですね。

09_2


この船が大洗港を出港するのは19時45分。
首都圏に最も近い北海道航路の港とはいえ、仕事を終えてから出港までに港に着くのは、近くに住んでいる人等を除いて厳しいです。

北海道での滞在時間を多くとり、可能な限り現地を楽もうとすると、往路は翌日のこの船(夕方便)に乗るよりも、東北道で仙台まで自走して、仙台→苫小牧航路(太平洋フェリー)を利用するか、新潟→小樽航路(新日本海フェリー)を利用するほうが現地に早く着くことができます。

帰路は大洗港14時着なので、多くの方が利用できそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

商船三井フェリー新造船「さんふらわあふらの」(パブリックスペース編)その1

徒歩や車の同乗者は、ターミナルの乗船口からこのエスカレータを使って、客室のあるフロアに上がります。
大洗港はターミナルから乗船口までの距離がある上に、エスカレータまたはエレベータに乗らなければならず、荷物が多いとちょっとたいへん。

01

旧さんふらわあふらのでは、航行中はポールとロープで通行できないようにしていましたが、
新造船は収納式の扉が付いています。

02

案内所。

03

案内所近くの壁の後ろにひっそりと貴重品ロッカーがありました。
無料で利用できます。

04

コインロッカー。
ふつうのロッカーは100円返却式で無料で、手前にある冷蔵機能付きのコインロッカーは1回200円の利用料金がかかります。
冷蔵が必要なものを土産に買って帰るときに使えそうです。

05

洗面所。
両脇の洗面台の横にはドライヤーも付いています。

06

多機能トイレ。
洋式トイレ、オストメイト、シャワーの設備があります。

08

09

新設のベビールーム。
ベビーベッドとおむつ専用ごみ箱のある赤ちゃん休憩室。

10

調乳浄水給湯器のある専用調乳室。

11

奥にある授乳室。
高い位置に小さな窓があります。

12

ゲームコーナー。
旧さんふらわあふらのよりもだいぶ小さくなりました。
なくても苦情はこないと思われる施設。

13

船舶電話。
通話料金はかなり高く、100円硬貨を投入して利用します。
電子マネー(Edy)では支払えないようです。

14

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太平洋フェリーに新造船情報が。

太平洋フェリー株式会社が新造船を発注。
仙台~苫小牧航路に使われている「きたかみ」の代替船とのことです。

現行の「きたかみ」が就航したのが1989年ですから、ようやくという感じですね。

10数年前、先代「いしかり」のほうが先に引退したことや、最近の状況を鑑みると、同社の「売り」のラウンジは新造船にも造られるのか、合理化船になったりしないのか気になるところです。

 http://www.cruise-mag.com/news.php?obj=20170605_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

商船三井フェリー新造船「さんふらわあふらの」(飲食設備編)

船内にあるレストラン。
朝昼夕ともバイキング形式になります。

旧さんふらわあさっぽろと比べると立派なレストランになりました。

テーブル間は旧さんふらわあさっぽろ、旧さんふらわあふらののものよりも詰まっているので、利用すると窮屈に感じるかもしれません。

01_2

料理が並ぶスペース。
旧船と違い、バイキングを前提として造られているのがわかります。

02_2

ドリンクバーは2カ所あります。

03_2


レストラン内にドアや伸縮式の仕切りがついています。

04_2

05_2

案内の人に聞いたところ、レストランの営業時間外に、これらを閉じて、
案内所から続くL字型の部分をくつろぎスペースとして開放するのだそうです。

かつての関西汽船やダイヤモンドフェリーと同じような形態。
パブリックスペースを効率的に使うことができるいい方法だと思います。

06_2

窓際の部分も開放されます。

07_2

ショップ。
コンビニみたいなもので、土産物や食料・飲料、船内で利用する日用品、雑誌が取り扱われるようです。
まだ商品も並んでいない状態でした。

08_2

自販機コーナー。
船内の何カ所かに設置されていて、飲料やアルコール、アイスクリームが24時間買うことができます。
値段は、陸上の自販機と変わりません。

レストランや売店の営業時間が食事のタイミングとずれてしまったときにあると便利な冷凍食品の自販機はみあたりませんでした。

09

給湯室には、給湯器と冷水機が。
旧さんふらわあふらのにあった電子レンジはこの船にはないようです。
レストランを利用せず、食料を持ち込む場合、電子レンジがあると食事のバリエーションが増えてありがたいのですが。

001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

商船三井フェリー新造船「さんふらわあふらの」(浴室編)

今回は浴室の紹介です。

浴室入口。

01

脱衣所は、旧さんふらわあふらのや旧さんふらわあさっぽろと比べて狭くなりました。
脱衣ロッカーが手前と奥の2カ所、中央に冷水を飲める設備、右に洗面台があります。

02

脱衣ロッカーは100円硬貨返却式。

03

洗面台にはドライヤーが各台に備え付けられています。

04

洗い場は、他社フェリーと比べても相当広かった旧さんふらわあさっぽろのそれと比べるとかなり狭く、旧さんふらわあふらのよりも少し狭く、個々のブースの数も減っています。
良くなったのは、仕切りが付いたことと、仕切りの角に起居動作の補助となる取っ手が付いたくらいです。

05

浴槽は、旧さんふらわあさっぽろと同じくらいの大きさ。
旧さんふらわあふらと比べると狭くなっています。

丸窓の奥にサウナルームがあります。

06

サウナルーム。
サウナルームの窓から海が見えるのは、旧さんふらわあふらの、旧さんふらわあさっぽろから改善されたところ。

07

浴室とは別の所に配置されるランドリーコーナー。
洗剤の自販機もあるので、洗濯物と硬貨があれば利用できます。

08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

商船三井フェリー新造船「さんふらわあふらの」(スイート編)

客室紹介最後は、最もグレードが高い(値段も高い)スイートの紹介です。

外から見ると...最上階の各部屋の専用バルコニーを仕切る板の間隔が広い所がスイートで、狭い所はプレミアムになります。
プレミアムに比べてかなり広いです。

08

室内は、リビングと寝室が分けられた造りになっています。
こちらはリビング部分。

01

全面壁で仕切られていないため、開放感があります。

02

奥の寝室部分。

03

スイートになるとクローゼットに扉が付きます。

04

洗面所とトイレ。

05

バスルーム。
洗面所兼トイレとの仕切りがガラス張りになっています。

新日本海フェリーや太平洋フェリーのスイートだと窓が付いていて、入浴しながら外の景色が見られますが、この船はインサイドに配置されています。最上階の客室を船の端に配置しなかったため、インサイドにするしかなかったとか!?

06

専用バルコニー。
椅子とテーブルはプレミアムと同じものが使われていますが、2倍の広さがあります。
こちらも床は木が敷かれているのではなく、それっぽい塗装です。

07

部屋の広さは53.72㎡で、「らべんだあ」のスイート(56㎡)よりも少し狭いですが、元が広いので同じようなものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ